4月9日、福岡県福津市光陽台T邸現場

前々から検討して頂いたTさんのお宅を塗装することになり、先週末から着工しました(*^^*)v

bc5eb45f 5265a25f

17年間塗装していないという事で、
壁がチョーキングを起こして、
無数のひび割れやツタが生えています。

46f55c22-s

足場を組んだとこです。

66a16c0a-s 14b590b7-s

窓など塗料がついてはいけない箇所をマスキングテープで養生します。

5b3b5d0d-s

壁の色を悩まれていたので、3パターンほど試し塗りをして選んで頂きました(*^^*)v

982ff0ad-s

塗装するにはとても良い季節になりました。うちの猫も気持ち良さそうです。
(*^^*)v

T邸の養生をした後、既存のリシンの壁がかなり細かいひび割れが多かった為、
今回はひび割れに強く、汚れも付きにくくする為に
下塗りに微弾性塗料のサーフで新しくゆず肌模様をつけるマスチック仕上げをします。

cb19c6d2-s e13e3fa2-s 5ff18b92-s

屋根のコロニアルは高圧洗浄してコケなど綺麗に落ちてますので、ひび割れなど補修した後、浸透性のシーラーで下塗りします。
このシーラーはセメダインのように半透明ですが、下地に浸透して固まり、仕上げの塗料がしっかり密着するようになるので、
たっぷり塗り込みます。

f348039b 428a481e

壁のマスチック仕上げが終わったら
中塗りです。
今回は水性セラミシリコン
で、3色試し塗りした中から決めて頂いた、前回よりかなり明るい色です。

3f2d976b 8637e757

下は軒天を塗っているところです。

3e8e96ab d342ab5a

壁の中塗りが終わったら、仕上げの上塗りです。ちゃんと3回塗りした箇所がわかるように中塗りと若干、色を違えています。

3026892f f05b2700 fb75ab74 51e5f035-s f952d680-s 417320be-s

軒天も、しっかりペーパーでケレンした後、かなり密着力の強いカチオン系の塗料で2回塗りします。
下地の吸い込みが激しく、仕上りがイマイチの場合は3回塗ります。
全体的にほぼ新築のように見えるようにしていきます(*^^*)v

41c518ec-s 63f41544-s 4833df6b-s

壁、軒天が仕上がったので今から木部、鉄分等の塗装をしていきます。

 

 

壁が仕上がった後、屋根の仕上げ、破風板などの木部、鉄部、雨樋の塗装をしていきます。
屋根の下塗りの上からナノシリコン塗料で中塗り、上塗りします。

3bd7c7b2

 

3ff78574 8f71f076 ffa0abe6

破風板、雨樋などを下地処理した後、
2液型シリコンで2回塗りします。

9cd77c87 4f9cf783-s

玄関ドアはアルミ製なので塗料密着しにくく剥げやすいので、特殊な下塗り塗料の上から2液型シリコン塗料で2回塗りします

546aa401-s 8c2e1dbe 81ea4db4 7987ea88-s 48b9293c-s

屋根も木部も綺麗に仕上がりました。(*^^*)v

8d530763-s 985c4924-s 07093563

お客さんの要望で物干しの屋根のアクリル板を取替えることになりました。
これは取寄せに時間がかかるので取付けは少し後になります。

塗装工事はこれで終了となります。
既存の状態からするとかなり明るくなりました。

塗装前、

2e37aa8f

塗装後、

80b8ee68-s 13ac13aa-s

結構、新築に見えるようになったと思います。
今後とも、さらにレベルアップできるよう、お客さんに喜んで頂けるよう、頑張ります。(*^^*)v

4月6日、サイディングの目地を活かす、ファインWパターン工法の説明

今日は雨で工事休みの為、サイディングの目地を活かす、ファインWパターン工法の説明をします。

目地や柄模様の入ったサイディングは目地や柄の部分に壁の色より濃い色がついている場合がありますが、

それが塗り替えの時に、壁と同じ色で1色に塗られてしまう事が多いと思います。

目地の部分だけを1本1本マスキングして、塗装するとかなりの費用が掛かってしまうし、

そもそもそういうことをやってくれる塗装さんも少ないからですからです。

そこで、私たちは壁の色も目地や柄の色も2色塗り分けて塗装する特殊な方法で塗装しています。

このファインWパターン工法なら少しの費用で壁も目地・柄の色も別の色で塗り分けすることができます

0d86f529-s 293693ae-s 971cb5a2-s ce513ba4-s b65254be 25b1d2f0-s

屋根も壁もかなり年数がたっており、前回の塗装でも目地は普通に塗りつぶした塗装でした。

今回の塗り替えでサイディングの目地を活かしたいというお客さんの要望で、

ファインWパターン工法で塗装することになりました。

                       ↓

現場の途中で撮った写真なので、まだ塗り終わったない個所や、荒はありますが、
目地が綺麗によみがえっているのは、お分かり頂けると思います。

fafe1231

0b0a0e5b dc72041f 64015f45-s b296d0cc

前回の壁の色はカタログの中の色しか選ばせてもらえなかったみたいで、

塗りあがった時に思った感じとだいぶ違ったそうで、今回は絶対に失敗したくないとの事で、

壁の色と目地の色は何回か試し塗りして確認してもらってから塗りました。

お客さんにも大変喜んで頂いて、私たちも嬉しかったです。

4f66349f-s

c4cdd737

屋根もトタンのサビた部分もしっかりペーパーで落とし、サビ止めを入れてバッチリしあげました。