通常よりも長持ちさせることにこだわった福津市の塗装会社です!

外壁塗装の基礎知識

  • TOP
  • 外壁塗装の基礎知識

初めてでもよく分かる外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の基礎知識 イメージ

これから初めての外壁塗装をご検討中の方のために、福岡県福津市・宗像市エリアを中心に外壁塗装を承る「フクワ住研」が、外壁塗装の基礎知識をご紹介します。外壁や屋根の塗り替えのことは、地域密着型で豊富な実績を持つ当社まで、どうぞお気軽にご相談ください。

外壁塗装の基礎情報

「外壁塗装」とは、建物の外壁の塗り替えのことで、同様に、屋根の塗り替えをすることを「屋根塗装」と言います。外壁塗装は、素材や立地環境などにもよりますが建物が新築から10年経過した頃が、初めての塗り替えの目安。一度目の塗り替えを終えたら、その後も引き続き、10年ごとを目安に外壁の塗り替えをしていくのが一般的です。外壁塗装が必要なのは、一戸建ての住宅だけではありません。マンションやアパートも同様に、定期的な外壁塗装が必要となります。

外壁塗装が必要な理由

外壁塗装をすると、建物の見た目は美しくなります。しかし、外壁の塗り替えが必要な理由は、美観を守るためだけではありません。外壁塗装によって外壁をコーティングすると、日光による紫外線や雨風など、建物が受けるダメージを防ぐことができます。外壁が劣化してしまうと、その部分から水が侵入しやすくなり、建物の構造が傷んでしまうのです。建物をなるべく美しく丈夫に保つためにも、外壁塗装は欠かせないものだと言えます。

外壁の劣化のサイン

建物の外壁は、紫外線や雨風などの自然に受けるダメージにより、少しずつ劣化しています。外壁の劣化のサインとしては、主に以下のようなものがあります。

  • 外壁が色あせしたり、変色したりしている
  • 外壁にひび割れがみられる
  • 外壁に汚れ・コケ・カビ・藻などが付着している
  • 外壁を手で触ると白い粉がつく
  • 外壁にふくらみがみられる

劣化した外壁を放置してしまうと、建物の下地までダメージが進行してしまうおそれがあります。外壁の塗り替えは10年に一度が目安とされていますが、常に太陽が当たっているのか、雨や台風の多い地域なのか……など状況によっては早い段階での塗り替えが必要です。これらの症状がみられた場合には、すみやかに外壁の塗り替えを検討することをおすすめします。

塗装について

外壁塗装は、施工方法によって仕上がりにいくつかの種類があります。その中でも、基本的なものをご紹介します。

吹き付けタイル

住宅によく使われる工法で、独特の凸凹模様が特徴。「タイル」と呼ばれる素材を外壁に吹き付けて、この独特のパターンを作り出します。しっかり固まる素材でも、弾性のある素材でも施工可能です。

リシン塗装

リーズナブルで新築にもよく使われる工法。アクリル顔料塗料のリシンに、砂の粒を混ぜて外壁に吹き付けます。つや消しのナチュラルな仕上がりが特徴ですが、耐久性がやや低いのが難点です。

スキン塗装

細かな石の粒を吹き付ける工法で、仕上がりは石材調になります。壁面に小さな隙間ができるため、通気性がよく耐久性に優れているのが特徴です。ただし、リシン塗装と比べてコストが高くなります。

スタッコ塗装

合成樹脂を吹き付けて、厚めに塗る工法です。その後に表面をローラーやコテで押さえると、「押さえ仕上げ」と呼ばれるパターンになります。高級感のある仕上がりが魅力ですが、汚れがつきやすいというデメリットもあります。

サイディング

外壁に「サイディングボード」と呼ばれるパネルを貼る工法です。サイディングボードには、低コストでかつ丈夫な「金属系サイディング」と、塗装の自由度が高い「非金属系(窯業系)サイディング」という種類があります。

今すぐお電話を!0120-111-651 受付時間7:30〜21:00 定休日日曜日