通常よりも長持ちさせることにこだわった福津市の塗装会社です!

外壁の塗り替えのタイミング

  • TOP
  • 外壁の塗り替えのタイミング

外壁塗装に適した時期や季節 塗り替えのタイミングについて

外壁の塗り替えは、10年に一度が目安。だからこそ疑問や不安がたくさんありますよね。ご自宅の塗り替えをするタイミングはいつなのか、外壁塗装に適した時期や季節はいつなのか――そんな外壁塗装の疑問に、福岡県福津市・宗像市エリアを中心に外壁塗装を承る「フクワ住研」がお答えします。

当社には、「外壁劣化診断士」の資格を保有したスタッフが在籍しています。住まいの状態をしっかりとチェックし、安心・安全な施工をいたしますので、外壁や屋根の塗り替えは、ぜひ当社にお任せください。

外壁塗装の時期や季節について

外壁塗装に適しているのは、1年のうちでもより雨が少ない時期です。特に3~5月の春の季節や、10~11月の秋の季節は、雨が少なく気候が穏やかなため外壁塗装に適しています。その反対に、特に雨が多い6~7月の梅雨の季節は、外壁塗装には適していません。このように雨を避けるべき理由は、外壁に塗った塗料をしっかりと乾燥させるためです。雨により塗料が濡れてしまうと、せっかく塗った塗料が流れてしまったり、十分に乾燥できなかったりと、さまざまな弊害が起こってしまいます。

また、塗料を乾燥させるための気温と湿度も考慮する必要があります。気温が5℃以下あるいは湿度が85%以上の状況は、外壁塗装に適していません。12~2月の冬の季節は、気温が低いため塗料が乾燥しにくいこともあります。

なお、雨期であったとしても、天気がよい日が続いている期間であれば6月7月でも塗装可能です。ただし、中にはこういった弊害を知りながら雨期に施工を続けるような、悪徳な業者も存在します。塗装した外壁をなるべく長持ちさせるためにも、施工に適した時期について正しい知識を持ち、そしてお客様に分かりやすく説明できる業者を選ぶことをおすすめします。

外壁塗装の塗り替えのタイミング

外壁を初めて塗り替えるタイミングの目安は、新築から10年が経過した頃です。その後は、築20年・築30年・築40年……と10年ごとに塗り替えをするのが目安となります。

ただし、つねに紫外線があたっている、雨や雪の多いエリアに住んでいる、海が近い……など立地条件や外壁の状態によっては、築10年に満たなくても劣化がみられることがあります。外壁にひび割れがあったり、塗装が剥がれてきたり、色あせがみられたり、ふくらみがあったり、汚れ・コケ・カビ・藻などが付着していたり、サビが生じていたりする場合は、塗り替えを検討してみてください。

このように塗り替えをする理由は、建物を長持ちさせるためです。定期的に塗り替えをしておけば、外壁に大規模な補修が必要となるほどの劣化を、未然に防ぐことができます。築8年を過ぎる頃になったら、ご自宅の外壁の状況を確認する習慣をつけておきましょう。

今すぐお電話を!0120-111-651 受付時間7:30〜21:00 定休日日曜日